TOPページ >退職金制度の現状分析サービス

退職金制度の分析のご提案

従業員の退職金問題について

  • 適年から中退共・DC等へ移行したが退職金制度とリンクしていない。
  • 職するタイミングが一定でなく積立不足が発生していた。
  • 退職給与引当金制度の廃止で損金不算入になった。
  • 退職金の支払いで労働審判が発生するリスクが近年増加。
  • 就業規則・退職金規定が創業時のまま見直されていない。

ご注意ください!!!! 期間が経過するほど、「積立不足」が 膨らむ恐れがあります。

退職金現状分析サービスについて

提携社会保険労務士による現状分析サービスをご活用ください。

ステップ1
ヒヤリング
ステップ2
現状分析
ステップ3
問題解決

洗い出された問題点を貴社と共同で解決します。

退職金現状分析サービスをご利用いただくにあたっては、下記の資料をお預かりします。

  1. 就業規則
  2. 退職金規定
  3. 給与規定
  4. 企業年金規定
  5. 5.従業員データ(性別・生年月日・入社年月日・基準給与(退職金算定の給与)
「インターネットでのお問い合わせはこちら